“ものがたりのたね”ってなに?

ものがたりのたね

京王線笹塚駅前、京王笹塚ビルB2にある劇場、「笹塚ファクトリー」を運営するシアターリパブリックが、同じく京王笹塚ビル1Fに2014年12月、プレオープンしたお店。

正式名称は『Agri & Art Cafe ものがたりのたね』

「田舎と都市 命と文化 をつなぐ店」をコンセプトに2015年1月始動。食やアート等、各地でがんばっている人たちをはじめ、アイヌ文化、先人たちの知恵、作り手の想いを伝える“ものがたり”の産直マルシェ。

その第1弾として大量生産の難しい「国産小麦」「天然酵母」のこだわりパンを、複数のパン屋さんに少しずつ送っていただき、パンに込められた作り手の『想い』『ものがたり』を紹介していく。


シアターリパブリック

演劇鑑賞会や観劇クラブという観客組織を母体に1996年スタート。

より良い演劇を観るために観客を増やし、作り手を支え、すてきな役者や作家・演出家等、新しい才能と出会うため、劇団やユニットの発掘や、新しい才能を育てる事業なども行っている。

2002年からは若いアーティストを応援する劇場「笹塚ファクトリー」を運営している。